素早く遺品を片付けるなら遺品整理業者へお任せ!

無料見積もりが便利

遺品整理業者は数多くいますが、どの業者に依頼すればよいのかを判断するためのひとつの方法として、無料見積もりを利用するという方法があります。複数業者に無料見積もりを依頼して比較することもいいですが、近年ではインターネットのサイトで複数の業者を一括で無料見積もりを査定して比較することができるサイトもあるので、これを利用すると非常に便利です。

遺品整理を行う上で必要となるアイテムTOP5

no.1

まずはお金

遺品整理を専門業者に依頼するとなると、まず必要となるものがお金です。依頼料を支払うことが出来なければ、遺品整理を請け負ってもらうことはできません。どれだけの費用がかかるかは、業者によって異なりますが、追加料金もかかる場合があるので余裕をもって用意すると安心です。

no.2

計画を立てることもポイント

遺品整理を業者に依頼する前に計画書を作成しておくと、作業がスムーズに進みます。計画書と言っても、どのような日取りで行うのかといった細かいものではなく、遺品として残されたもののうちどれを形見分けとして残し、どれを処分に回すのかといった大まかな仕分けを行っておくことです。これを準備してから依頼を考えます。

no.3

印鑑も用意する

遺品整理を自分で行うにしても、業者に依頼するにしても、場合によってリサイクル業者に回すものが複数出てくることがあります。安価なものであれば関係ないかもしれませんが、骨董品屋貴金属などの場合には、買取の契約を行うために印鑑が必要となることもあります。

no.4

軍手などの掃除グッズ

専門業者に依頼するにしても、おおよその場合は立会いを行うことになります。作業中はほこりが立つ可能性もあるうえに、自身で何らかの仕分けを行う必要性もないとは言えません。遺品整理や掃除をする上でも困ることのないグッズを持っていくと便利です。

no.5

万が一の時のカメラ

リサイクルや買取業者へ引き渡す際に、買取品がどのような状態であったのか、運搬中に傷がついたのかどうか、などといった買取価格に影響を及ぼすものをしっかりとチェックする際にカメラを使用すると安心です。また、事前にどのようなものが遺品としてあったのかを記録として残しておくと後のトラブル回避につながることもあります。

素早く遺品を片付けるなら遺品整理業者へお任せ!

和室

遺品整理を請け負っている専門業者の探し方

専門業者の探し方のひとつとして、葬儀業者に紹介してもらうという方法があります。葬儀業者の中には、遺品整理を請け負っている企業と提携している場合があり、そのまま依頼することもできます。ただし、自分で依頼するよりも手数料が掛かることが多いです。自分で探すならば、インターネットで検索すると手早く見つけることができます。地域や料金、メリットなどを比較して選ぶことがおすすめです。住んでいる場所と整理現場が遠い場合、整理場所の業者に依頼することがほとんどです。故人の居住が名古屋ならば名古屋の、大阪ならば大阪の業者に依頼することになります。

優良業者の見分け方

遺品整理を請け負っている業者は数多くありますが、すべての業者が優良業者ではありません。しっかりと、見極めなければ悪徳業者に遭遇してトラブルや損をすることになります。優良業者の見分け方のひとつとしては、営業年数と地域密着型であるかどうかという点です。業者としての活動が長く、地域密着型であるほうが費用も安く、かつ安心して依頼することができます。しかし、費用が安ければ優良業者というわけではなく、依頼した際に細かな要求をしっかりと聞いてくれたり、立会いに積極的かなどをチェックすると良いです。

遺品整理当日の流れ

依頼と見積もり、契約を行ったならば、実際の遺品整理作業へとなります。遺品整理当日の流れとしては、まず、依頼人立ち合いでミーティングや確認を行った後に、近隣へ挨拶を行います。業者が室内の状態を確認した後に、部屋の中を傷つけないように養生作業が行われることが多いです。遺品を金品や書類などといった仕分けを行ったうえで梱包し、荷物や家具類の搬出を行います。荷物が亡くなった後で、室内の清掃をきめ細やかに行い、これらの作業がすべて終わった後に支払いです。

遺品整理の費用相場

遺品整理を業者に依頼する際に最も気になることが、どれだけの費用がかかるのかという問題です。あまりに安かったり曖昧な金額が提示されていれば悪徳業者であることもあるので、しっかりと相場を知っておく必要があります。相場費用は、部屋の大きさや作業人数、作業量などによって変化することが通常です。ワンルームが最も安く3万円ほどからになり、1DKならば3万5000円ほどから、2LDKならば10万円などと徐々に高くなり、これらにオプションを加えればさらに高額になります。

遺品整理と生前整理の違い

いつだれが行うか

遺品整理と生前整理の大きな違いは、いつだれが行うのかという点です。生前整理は、本人が老いて自分で判断できなく、もしくは動けなくなる前に本人と家族が行うものですが。遺品整理は、本人が亡くなって故人となった後に、遺族が行うという点が大きな違いとなります。

何を目的としているか

何を目的としているのかも異なっており、生前整理の目的は不用品を処分して自分の余生を快適に過ごしたり、相続のトラブルを回避するために行います。これに対して遺品整理の目的は、故人の遺品の形見分けを行うとともに、相続や整理・処分のために行われます。

広告募集中